3Pしたい女性と出会う方法まとめ

3PというとAVでしか見たことのないプレイですが実際にやってみたいと願望を抱いている男性は少なくありません。そこでこのページでは3Pしたい方のために3Pを実現する様々な方法について解説しています。

3Pできる風俗を利用する

確実に3Pをしたいなら3P可能な風俗店を利用するのがおすすめです。風俗店の3Pは女性2人に男性1人のプレイとなるため料金は最低でも女性二人分がかかります。

風俗店の3Pを利用するメリットとしては相手は風俗嬢ということもあり経験が豊富なため、3Pが初めてのあなたに対してうまくリードしながら楽しませてくれるということです。

デメリットとしては女性二人分の料金がかかるため長時間遊ぼうとするとかなり高額な料金がかかってしまうという点です。

指名のコツ

3Pでとにかく気持ちよくなりたいなら風俗嬢を指名する際にはベテランや人気の風俗嬢を指名することです。なぜならまだ入店して間もない子の場合にはプレイがぎこちないため、うまくプレイを楽しむことができないことがあるからです。

また、風俗店には激安店・一般店・高級店の3種類の価格帯のお店がありますが激安店の子は写真写りは良くても実際はパネマジでデブや不細工ばかりなのでおすすめできません。

※高級店は3Pに対応しているところがほとんどないため利用するならシティヘブンで人気の
お店を利用するべきです。

3Pの場合、風俗嬢によって対応していないケースがあるため在籍一覧で3P可能な子をリストアップしたうえで絞り込む必要があります。

ちなみに3Pでは指名料も二人分かかってしまうのでなるべくお金をかけたくないという方はフリーで遊ぶといいでしょう。フリーで遊んでもそこそこかわいい子に来てもらうためにも一般店の中でも人気のお店を選んだ方がいいというわけなんです。

SとMの役割を決めておく

電話予約を入れてお店に到着したらスタッフの方にどのようなプレイを希望しますか?と聞かれると思われるので希望するプレイスタイルを伝えましょう。

なぜなら3Pの場合、男性側がSで女性2人がMや男性がMで女性2人がS、男性がSで女性がSとMに分かれるといった様々なパターンが存在するためです。

※女性がSとMと別々になることを希望する場合にはどの子がSorMになるのかをきちんとスタッフに伝えておくことで「この子はSがよかったのに…」というミスを防止することができます。

ソープとデリヘルのどちらがいいか?

ソープの場合本番ができるためデリヘルよりも快感が高いのですがもともと料金自体が高いのに加えて3Pとなるとかなり高額になります。

逆にデリヘルの場合には本番ができない分料金はソープよりも安くなります。また、ソープよりもデリヘルの方がルックスやスタイルのいい子が多いため外見を重視するならデリヘルがいいでしょう。

街で遊び慣れしてる2人組の女の子をナンパ

お金はほとんどかけずに3Pを実現するならナンパが一番です。

ナンパの場合には好みの2人組にだけ絞って声をかけることができるため

女性側は一人の場合にはナンパされることはあっても2人でいるときにナンパされるのはほとんど経験したことがないため逆に興味を持ってくれて連れ出しに成功するということもあります。

声をかけるターゲットとしては遊び慣れしてそうな女性を狙うことは必須です。普通の女性2人組を狙っても立ち止まって話をすることはできても連れ出しまでするのはかなり難易度が高いからです。

おすすめの声かけ場所としては夜のクラブ周辺です。クラブから出てきた女性2人組だと確実に遊び慣れしているためセックスに対するハードルが低い傾向にあります。

また、クラブの場合ギャル系が多く、この手の女性はノリが良いいため男性側のルックスがそこそこ良ければ結構簡単に連れ出すことが可能です。

加えて終電が過ぎた時間帯に声をかける場合には連れ出す際に「ホテルで休んでかない?」といった理由付けで連れ出せばほぼ確実に3Pに持ち込むことができます。

ナンパの場合のデメリットとしては2人組を連れ出しに成功して飲食店などで会話をして相手の温度感を高めたと思ったら片方の女性が気を使って帰ってしまうというケースがあります。

この場合、帰った女性が事前に残っている女性に「あんたこの男とやれば?」と譲ってくれているため、残った女性はホテルに連れていきやすい傾向にあります。

3Pはできないため若干落ち込むかもしれませんが、普通に一人の女性とセックスはできるため結果オーライといった感じの状況になります。

しかし「ナンパなんてやったことないのに2人組を狙うなんて無理!」と思われる方もいるでしょう。確かにこの方法はすでにナンパをある程度やったことがある方向けの手法ですので未経験の方にはかなりハードルが高いものです。

加えて声をかけてシカトされたり罵声を浴びるケースが多いため精神的に参ってしまう方がすくなくないため経験者にしかおすすめできません。

ナンパでセフレを作って3Pの相談をする

2人組へのナンパはさすがに難しいと感じる場合には普通の「一人の女性にナンパする方法」で3Pを実現するのがおすすめです。

「え?それって3Pじゃなくない?」と思われるはずですがこのやり方ではナンパで何人もセフレを作ってからそのセフレ達に「3Pに興味ない?」と打診して今日のある子だけで3Pを行うというやり方です。

セフレになるような子はアブノーマルなプレイに憧れているケースが多いため「3Pやってみたい」という子が少なからずいます。

ハードルとしては「セフレを何人も作る必要がある」ということですが3Pに興味がある子はセフレになる子の内、2割程度のため最低でも10人程度は作っておく必要があります。

寝取られ・スワッピング・3P募集掲示板を使う

運営がしっかりとした掲示板を選ぶ

ネット上には「寝取られ・スワッピング・3P」の募集を行っている掲示板があるためそちらを使うという手段もあります。

この手の掲示板は2人組の女性とヤレる可能性は低く、すでに彼女や妻のいる男性が一緒にエッチしたい人を募集している投稿が多い傾向にあります。

しかし掲示板サイトを利用する際には「比較的安全な掲示板なのか」を見極めなければなんらかの問題に巻き込まれてしまう可能性があります。

まともな掲示板の場合には規約違反に抵触する書き込みは削除するという旨の記載がありますが、そういった記載がないサイトは無法地帯と言ってもいいほど法的に危ない書き込みもあるため利用を控えておくべきです。

掲示板サイトではデリヘル業者はそこまで多くはありませんが、代わりにメールアドレスを収集して迷惑メールを送り付けてくる業者がいます。
そのため気になる書き込みに返信する際にはフリーのメールアドレスを使うと仮に迷惑メールが来てもまた新たに別のメールアドレスを取得すればいいだけで済みます。

LINEではなくカカオトークの使用を推奨

掲示板から連絡を行い個人間でやり取りを行う際にはLINEのIDを送りがちですが、同じメッセージアプリのカカオトークの使用をおすすめします。なぜかというと仮に相手が業者だった場合、LINEのIDを交換するとあなたの身バレにつながったり、IDの悪用につながる可能性があるためです。

その点、カカオトークをHな出会い用のメッセージアプリとして使うなら自分の名前はニックネームで済むため個人情報が洩れずに済みます。

掲示板の書き込みでは相手の男性と女性の顔が分からないため、LINEやカカオトークで友達登録した後に写真を送ってもらうようにしましょう。この際、女性の写真が明らかに美人過ぎたり、加工しているような感じだと何らかのトラブルに巻き込まれる可能性が考えられるため合わない方がいいです。

相手からの撮影に注意

3Pを募集している人の中には自分のパートナーが他の男性とエッチしているのを撮影したいという書き込みもありますがこれは後で訴えられる可能性があり注意が必要です。

なぜかというとあなたが相手の女性とエッチしているところを撮影されることで後で相手から「この動画(写真)を会社や知り合いにばらされたくなかったらお金を払え」といった脅しを受ける可能性が考えられるためです。

そのため「撮影」というキーワードがある募集内容には要注意です。これは一例にすぎませんが募集内容をよく考えると「何か危ない気がする」と思ったらその投稿には返信しないようにする心構えが必要です。

出会い系サイトを使う

私自身様々な方法で3Pを実現してきましたがその中でも一番効率がいいのが出会い系サイトです。しかし出会い系サイトといっても気を付けるべき部分があるためそれを理解することでスムーズに3Pをすることができるようになります。

掲示板の3P募集の投稿に注意

出会い系サイトによっては掲示板検索で「3P」の絞り込み希望があるため、3Pをしたい人はこの検索結果で出てきた投稿にメッセージを送りがちですがデリヘル業者ばありなのでおすすめできません。

実際にメッセージを送って出会い系サイトの外で個人間で直接やり取りができるようになると金銭の要求をしてくるため3Pに絞り込んで検索を行うことはやめた方がいいです。

ちなみに出会い系にいるデリヘル業者の3Pを利用すると実際に来るのは地雷と言ってもいいほどのブスやデブが来る可能性が高いためお金をどぶに捨てるようなものです。

セフレを複数作るのが3Pへの近道

出会い系で3Pを実現する近道はセフレを何人も作ってその中から3P希望の子同士でヤルというものです。

出会い系に登録している女性という時点でHなことが好きという方ばかりなので、セフレを何人も作っていくことで色々な性癖の子が集まりその中に3Pしてみたい子が見つかるというわけです。

セフレ化する際のポイントとしては独りよがりなHをしないことです。出会い系を利用する女性は「気持ちよくなりたい」という思いで利用しているため彼女たちの願いを叶えてあげるセックスを提供することで結果としてセフレになってくれるからです。

セフレを多く作れるようになると「今日はあの二人で来週は別の二人と3P」といったようにメンバーを変えて3Pを楽しむことができるようになり非日常的な興奮を味わうことができます。

おすすめの出会い系サイト

前述したように出会い系サイトを利用して3Pを実現させるにはセフレを多く作るのが大切です。出会い系サイトのPCMAXなら女性会員の数が非常に多くセフレ希望の女性と出会いやすいのが特徴です。といっても一般女性はプロフィールにストレートに「セフレ希望です」と書くことはないため合ってHした後にセフレになるかで判断する必要はあります。

※出会い系サイトでプロフィールに「セフレ募集」や「セフレ希望」と書いている女性はほとんどがデリヘル業者か個人での割り切りHを目的として方ばかりなので気を付けましょう。

>>PCMAXの登録方法はこちらで解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です